しおにっきγ

弐寺関係がベースの趣味ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レギィさんの可愛さを布教しようのコーナー

例の、俺がほくそ笑みながら書いた記事があがってから。
反応が思ったより少なかったので俺は怒った(`・ω・´)


俺は!
レギィさんの可愛かったシーンをコピペするぞおおおお!!



ということで、ワードにぺっ、ぺっと貼っていったら80ページに達したのであった(笑)
アカン、抜粋しなければ。


で、あんまりネタバレもないような感じでしぼってみたのである。
レギィさんとはこういうキャラクターなのである。








「――に、人形はちゃんと受け取りました」

 突然、忙しなく日傘が回転を始めました。

「あぁ、それは良かったですね」
「その、とても嬉しかったです。ヨシュアンが気にかけてくれていたことがよく、わかりました」


高速回転する日傘。
最高の仕草である。







「はい、なんでしょう」
「試験のあらましが出来て、時間が余ったら伝えたいことがあるので訪ねに来てください。大事なことです」
「……大事なこと、ですか」

 少し、目を瞑って黙考していたレギィですが、すぐに花開くような微笑みを見せました。

「わかりました。待ってます」
「待つんじゃなくて来てくださいね」
「ダメです。こういうことは殿方からでないといけません」
「しかし、レギィのスケジュールがわからないと」
「明後日までには終わらせます。必ず終わらせますから」

 何か噛み合ってないような気配が濃厚です。

「あのですね、レギィさん?」
「わかっています。多くは聞きません」

 多くを聞いてください。
 この人、絶対、誤解しています。
 何を誤解しているかまではわかりませんが、誤解している構えです、あれ。

 だってバックに大輪の花が咲き乱れていますもの。
 幻影ですけどね。でも、浮かれているレギィによく発生します。

「だから待っています。でも今は生徒を看ていてあげてください。心配なのでしょう?」
「まぁ、心配だから飛び降りてきたわけなんですが……、レギィさん?」

 わかってます、私わかってます、といった顔で、そそっと帰っていかないでください。


バックに咲き誇る花々。
こういうのをアニメーションで見たいのだ。









「質問は他にありませんか? ないなら次の思考法について――」
「はい」

 白魚のような手が上がりました。
 生徒ではなく、後ろの白い人です。

「……他に質問は」
「はい」
「……レギィ?」
「はい、質問します」

 当てたんじゃありませんよ。
 あんた何やってんだって聞いたんですよ!

「どうしてヨシュアンは私をレギィと呼ぶのでしょう?」
「質問の意味がわかりません」


たまにおバカ。
それもまたよござんす。








「先生はクリスティーナ君をむざむざレギィに殺させるつもりはありません。真剣に止めたいのを我慢してまで、君の学ぶ姿勢を尊重しているつもりです」
「ヨシュアン? さっきから聞いているとまるで私が血に飢えた狼のように聞こえます」
「大差ありませんよ。【タクティクス・ブロンド】なんていうのは須らくそんなもんです」

 まだ自分とエドが穏健派なだけマシです。
 メルサラとレギィ、黄色いの、黒色ゴキブリなんかと決闘させれば生徒が死にますよ。

 もっとも黄色いのはアレで手加減が絶妙なので『死ぬほど辛い負け方』をするでしょうが。

「手加減できない強者ほどタチが悪いと覚えていてください」
「手加減くらいできます。ヨシュアンは私が信用できませんか?」
「事、戦闘においてのみ信用できません」

 そういうとレギィもムスッとしてしまいましたね。


そしてとても強い。
レギィさん手加減することはするのだがどのくらい加減が必要なのかピンときていないところがある(笑)










「例え、誰が貴方の傍から離れようとも私は決して離れたりしません」

 教師陣が居る前で言わないでくれませんか!


空気を読まない。
最高である。




伝わったかな?(笑)











で、あと俺の中でのキャライメージは



001.jpg

シギュン様と



000833.jpg

この白川生ってキャラの中間あたりのイメージかな(このゲームまだ発売すらしていないがw)

あとは多少ほんわかさせて24歳にすればいい感じ。
うむ、我ながら最高のチョイスだ。
自分で自分を褒めてやりたい(ぇ
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

[タグ未指定]
[ 2013/11/14 23:59 ] ライトノベル感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

しおに

管理人:しおに
1987年生まれのマンガ好き兼弐寺好き。
至高の妹キャラを求め三千里。
ただし幼女とツインテールは嫌い。
弐寺IDは54777829。
現在のDJ NAMEはWHITE.
皆伝底辺。ライバル登録千客万来。
パズドラのIDは
メイン:168193373 ネフティス,パンドラ等多用
サブ:258204464 ほぼパンドラ

IIDX STATUS


詳細は↓
Lincle
tricoro
ホームゲーセン
MediaMarker
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
その他
レコメンデーションエンジン
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。