しおにっきγ

弐寺関係がベースの趣味ページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大日本サムライガール 3巻 感想

大日本サムライガール 3 (星海社FICTIONS)

「俺は思うんだけど、正しい政策の方向性は一つじゃなくて、複数の道がある。たとえば保護貿易を優先させるか、自由貿易を促進するか、その二つは真逆の道だ。それでも、いったんどちらかを選び取ったら、百出する議論を抑え込んで、脇目も振らずに邁進する体制をつくることが、今の日本にとって最も重要なことじゃないだろうか。要はさ、保護貿易でも、自由貿易でも、どっちでもいいんだよ。……いや、そりゃ大切な政策判断かもしれないが、大切なことなんて山ほどあって……それら個別の大切なことよりも、遥か上位に、ずっと優先させるべきことがある。とにかく日本の衰退に立ち向かうには、国家像をブレさせないことを最優先させなくちゃならない。その意味で、日毬の存在はとても貴重なものだと俺は考えてる。だからこそ、俺自身が日本大志会の細かい方向性を支持する支持しないということはちっとも優先されるべきことじゃない。嫌な政策だろうが、受け入れ難い政策だろうが、個人や会社にデメリットばかりの政策だろうが、強い権力基盤ができるなら俺は甘んじて受け入れる。……たしかに俺の思想は、二人には受け入れ難い部分があるかもれない。逆に俺から見ても、あなた方の思想はわからない。でも……それでも俺は日毬の可能性を感じ取った。それは大きな視点で見れば、俺も佐々倉さんも同じはずだ。日毬なら、やがて日本の国論を統一し、強い方向性を打ち出していけるかもしれない」




至言ですな。

わかる、わかるよ。

妹キャラとか姉キャラとか、ツンデレキャラとか。
大切なのはそういうことじゃない。
確固とした強度を持ったキャラクターが大事なんだ!!
(違う話してないか?)


とまあ、3巻も大いに楽しめました。
うん、ほんとにおもしろいんだよね。伝われ、この想い。銀河の、果てまで☆

あ、あと凪紗お姉ちゃんもアイドルプロダクション所属で最高最高最高!
このエントリーをはてなブックマークに追加

[タグ未指定]
[ 2015/06/22 21:09 ] ライトノベル感想 | TB(0) | CM(0)

大日本サムライガール 1巻 感想

大日本サムライガール 1 (星海社FICTIONS)

はい、原作です。
本屋行ってもどこにも置いてなかったので全巻セットをポチったのである。
お値段なんと12,000円強(震え声)
今日ようやく届いたので、1冊読んだところである。。

ところで今日知ったのだが来月に文庫版が出るようである。
おい。


とりあえず内容についてはひまりん最高最高最高!
という感じだ。
マブラヴの冥夜好きな人はハマるかもしれない。

アイドルプロデュースものとして無名のアイドルが成功していく展開に納得がいくシナリオなのも魅力。
努力するのは大前提、美人であっても成功するかなんて全くわからない。そんな世界ですわね。
まあ1巻の最後はヒロインが現行犯逮捕されて終わるのだがー。


それにしても原作読んであらためて思うがマンガの1巻はすげーよくまとまってたな、と思う。
興味はあるけど小説よむのはかったるい、という方はまずマンガを読もう。

大日本サムライガール 1 (チャンピオンREDコミックス)
大日本サムライガール 1 (チャンピオンREDコミックス)

このエントリーをはてなブックマークに追加

[タグ未指定]
[ 2015/06/20 01:20 ] ライトノベル感想 | TB(0) | CM(0)

魔法科高校の劣等生 16巻 四葉継承編 感想

魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)


さあ、皆さんご一緒に。

さすおば!


はい、皆の叔母上がやってくれましたよ。
これで合法的に兄妹で婚約出来るし当然Hなことも出来ちゃうね。
しかも遺伝子的な問題はないときたもんだ。やったね。
詳しいことはネタバレ乱舞になるので控えるけど、今回は達也さんや深雪さんの出生に係るいろいろな裏事情が見えた回でした。

そうだよな、国際レ〇プ事件が起こった年を考えるといろいろ推測出来た部分だったのだろうな~。
と今更ながらに思ったしだい、ええ、ええ。


あ、そうそう。
前巻の予告で実は深雪さんが達也さんの実の妹ではないのではないだろうか?
という話題がいろんなところで散見されたが、自分的にはそこまで重要視はしていなかった。

妹もので自分は何を重要視しているかというと。
血縁関係ではなく禁忌、であること、そしてそこから生まれるなんらかの感情の爆発なので。
(もちろんその納得材料に血縁関係はとんでもなく大きなものとして機能するんだけど。)
そう考えると血縁関係ではあっても表面上禁忌ではなくなった今回の処遇について自分は異議申し立てでもするべきなのかもしれないが。

まああんまり深雪さんにそこら辺のことを心配していない俺がいる。
というか今回のようなケース見たことないので自分でもどう感じるのか今のところわからないのが正直なところかな。

とりあえず

「いえ、あの……お兄様、とお呼びしてもよろしいのでしょうか?それともた、た、」
「今までどおりで構わないよ」


そうだ、それでいい。


次巻から深雪さんが司馬深雪から四葉深雪となる?の?
自分的にはそれが魔法科高校の中でどんな影響出るのか楽しみで仕方がないですわね。
イッチジョーとの対決はなんかおもしろそう(笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加

[タグ未指定]
[ 2015/05/09 22:13 ] ライトノベル感想 | TB(0) | CM(0)

リーングラードの学び舎より 1巻 感想

リーングラードの学び舎より 1 (オーバーラップ文庫)


年度末、いろいろアレがアレして読み切るのに時間がかかってしまったが。
いやいや、至福の時でした。
書籍版から入った人はある種幸せかもしれない。
なぜなら、この続きがWEBで読めるのだから!(それもかなりの量)
とりあえず、1巻読み終わった人は第一間章は読んどいた方がいい。→



この作品の魅力といえばなんだろう。
そりゃキャラクターがめちゃくちゃいい!というのは当然あるのだけど。
情報の匂わせ方が上手い!っていうのはあると思う。
ちょびっちょびっと重要な単語なり設定なりがチラ見せしてくるのね。
それに対して、なんだろう?興味津々!
特にあのイケメンで女子からも大変人気で有名なクライヴさんがご執心な白いのってどんな女性なんだろう!?
ってなること間違いなし。ええそれはもう。

こう言うと、それって別に珍しいことでもなくね?伏線みたいなもんだろ?と思われるのだろうが。
わざわざ特筆する、ということは他とは違うということなのです、ええ。日本語ムズカシイネー。
なんというか隠れている設定に対しての信頼感が半端ないというか……。
ここに隠れてるの絶対おもしろいよね!?クッソ~、みたいな。
リーングラード/ゼロきぼんぬ。


まあそんな感じで。
この1巻、WEB版のものと比べてとても読みやすいものに仕上がっていると思います。
リーングラードの洗礼もスルッとこう。

そしてシャルティア先生、可愛い!可愛い!

!!!049.jpg

主人公にとって都合のよくない女性も、素敵だと思います。


そして最後に、遅くなりましたがいえこけい先生、無事1巻の発売おめでとうございます!
自分はとりあえず、読書用、保存用、スキャン用で少なくとも3冊ずつはゲットしていこうと心に決めました。
店舗特典がSSのものはゲットしないとですしな。
2巻以降も楽しみですな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[タグ未指定]
[ 2015/03/28 22:22 ] ライトノベル感想 | TB(0) | CM(0)

妹さえいればいい。 感想

妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

某書店にて本作品のタイトルを確認、

それな。

と思ってしまい半ば衝動的に購入。


平坂読先生といえば僕は友達が少ない、所謂「はがない」で有名ですが。
なんと今回はガガガ文庫から出現。
はがないのような所謂日常系の話だが、これはライトノベル作家が主人公の、社会人日常系みたいな感じ。


妹キャラが好き過ぎて、主人公が執筆した作品は全てメインヒロインは妹キャラ。
究極の妹キャラを求め続け、今では読者からもピーキー過ぎてよくわからんと言われる始末。
ぐぅ、なんかそれわかる。妙なところで共感(笑)

日常系は得意ではないと、自分よく言ってはおるのですが。
いや、おもしろかったのです、とても。
なにより読みやすいスね、ほんと。
最近あんまりラノベ読んでなかったのだけど、こんなにもスルスル読めるものなのか!
と妙に感心してしまったり。

あとやっぱりキャラクターがちゃんとしてますよね。さすが。
特に主人公の伊月と那由多と、春斗あたりはこの巻だけでも良い、と思えたのです。
自分はキャラがいつまで経っても記号的だな~と感じちゃうと静かに冷めちゃう方なのだが、そういうのがまるでない。
伊月と那由多の関係はなかなか複雑でね、いいッスよね~。

あとさりげなく「え、なんだって?」ネタ放り込んでくるのおもしろ過ぎでしたわ(笑)



最後に、妹キャラ好きの方は読んでて損はないと思いますよ。
核心に触れることは言いたくないので濁しますが。
自分が結構昔に「このキャラ属性スゲー良いのに!数が少なすぎる!!」と嘆いていたキャラが登場しておるのです。
しかもかなりの優良物件。
1巻では登場シーンがそんなに多くないので残念、2巻に期待です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[タグ未指定]
[ 2015/03/21 23:26 ] ライトノベル感想 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

しおに

管理人:しおに
1987年生まれのマンガ好き兼弐寺好き。
至高の妹キャラを求め三千里。
ただし幼女とツインテールは嫌い。
弐寺IDは54777829。
現在のDJ NAMEはWHITE.
皆伝底辺。ライバル登録千客万来。
パズドラのIDは
メイン:168193373 ネフティス,パンドラ等多用
サブ:258204464 ほぼパンドラ

IIDX STATUS


詳細は↓
Lincle
tricoro
ホームゲーセン
MediaMarker
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2ブログランキング
その他
レコメンデーションエンジン
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。